いつも何度も 

千と千尋の神隠し 



呼んでいる 胸のどこか奥で
我的內心深處 正在呼喚

いつも心踊る 夢を見たい
希望能做一個讓心不斷雀躍的夢

かなしみは 数え切れないけれど
雖然悲傷的事數也數不清

その向こうできっと あなたに会える
但在那之後,我必定能遇見你

繰り返すあやまちの そのたび ひとは
一直不斷犯錯的人們

ただ青い空の 青さを知る
至少都還看得到蔚藍的天空

果てしなく 道は続いて見えるけれど
即使道路看起來像是永無止盡

この両手は 光を抱ける
但至少我能用我的雙手擁抱光明

さよならのときの 静かな胸
離別時平靜的心靈

ゼロになるからだが 耳をすませる
因為內心歸零,才能仔細聆聽

生きている不思議 死んでいく不思議
生命的不可思議 死亡的不可思議

花も風も街も みんなおなじ
不論是花亦或是風或街道 大家都是一樣的

呼んでいる 胸のどこか奥で
我的內心深處 不斷呼喚

いつも何度でも 夢を描こう
不論何時 都要描繪夢想

悲しみの数を 言い尽くすより
與其用言語訴說悲傷

同じくちびるで そっとうたおう
不如用雙脣親吻 悄悄讚頌吧

閉じていく思い出の そのなかにいつも
不斷的在逐漸忘卻的回憶中

忘れたくない ささやきを聴く
聽見那被遺忘的喃喃細語

こなごなに砕かれた 鏡の上にも
在破碎的鏡中

新しい景色が 映される
依然能照映出嶄新的景色

はじまりの朝の 静かな窓
迎接早晨的那扇寂靜的窗

ゼロになるからだ 充たされてゆけ
因為內心歸零 就漸漸的充實自己

海の彼方には もう探さない
不再追尋海的那一端

輝くものは いつもここに
耀眼的東西一直都在那

わたしのなかに 見つけられたから
 
在我的內心 就可以見到


and that's you........

創作者介紹

摸米雞

momiji 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()