Remioromen(レミオロメン)-三月九日 Remioromen才是原唱喔

流れる季節の真ん中で
ふと日の長さを感じます
せわしく過ぎる日々の中に
私とあなたで夢を描く

3月の風に想いをのせて
桜のつぼみは春へとつづきます

溢れ出す光の粒が
少しずつ朝を暖めます
大きなあくびをした後に
少し照れてるあなたの横で

新たな世界の入口に立ち
気づいたことは 1人じゃないってこと

※瞳を閉じれば あなたが
まぶたのうらに いることで
どれほど強くなれたでしょう
あなたにとって私も そうでありたい※

砂ぼこり運ぶ つむじ風
洗濯物に絡まりますが
昼前の空の白い月は
なんだかきれいで 見とれました

上手くはいかぬこともあるけれど
天を仰げば それさえ小さくて

青い空は凛と澄んで
羊雲は静かに揺れる
花咲くを待つ喜びを
分かち合えるのであれば それは幸せ

この先も 隣で そっと微笑んで

(※重复)


中譯
在流動的季節裡
忽然間感覺到時間的長度
匆匆忙忙流逝的每一天
我跟妳編織著夢想

3月的風乘載著想像
只要春天到了櫻花就會持續綻放

灑落而下的陽光
一點一點的溫暖了早晨
打了一個大大的呵欠
有點害羞的妳在我身邊

站在一個嶄新的世界的入口
回過神來已經不是孤單一個人

★閉上雙眼
 妳就在我的眼眸裡
 能夠變得多堅強呢
 對妳而言 我也是這麼的希望著

旋風拌著沙塵
把曬在外面的衣服纏繞著
中午前天空上那白色的月亮
覺得好美好美而看得入了迷

雖然也會遇到不順遂的事
抬頭看看天空就會發現 那有多微不足道

藍天那麼的清澈
像羊群般的雲靜靜的飄蕩
等待花開的喜悅
如果能跟妳一起分享 那就是幸福

在那之前 也有我在妳身邊 靜靜的微笑著

★ repeat

創作者介紹

摸米雞

momiji 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()